Googleピンイン入力法の概要

 Windows8.1でも使えています。IME切り替えは画面一番下のタスクバーにある「日本」をクリック。下のインストールはWindowsXP時のものですが、Google PinYinサイトはWindows8/8.1でも同じ。(2014/11/13)
Google Pinyin サイトに行き
をクリックし、デスクトップなどに保存します。
インストールが終わったこのGoogleピンインIMEを使用するにはタスクバーのJPをクリックします。
日本語以外のIMEをインストールしているパソコンは左図のように表示されています。
ここで中国語(中国)をクリックします。ここで出るのはWindows標準のPinYin IMEが普通です。
更にMSPYをクリックするとGoogleのIMEが表示されるのでそれをクリックします。
IMEのバーの既定は左図のようにフローティングになっています。

ここでどんな設定が可能かを見る為に右クリックでメニューを出して「属性設置」を選択します。
この設定のままzhongguoを入力して見ると下図のようになります。
これを下図のように変更して見ると
と候補の文字が特大になり、9個の候補が出るようになりました。
IMEフローティングのチェックを外したので、IMEはタスクバーと一体化されます。
もしまた先ほどの設定画面を出したい時はこのIMEの上で右クリック、「設定」をクリックします。
すると下図の画面が出るので、中文(簡体)を選択後、「プロパティ」をクリックします。



簡体字、繁体字の切り替えはフローティングバーから行いますので、設定は下図のようにして置いた方が使い勝手がいいようです。

これで大体の事が分かりましたので、あとは実際に使ってみることです。機能的にはWindows付属のものより、多いので使い方が分かるとこのGoogle ピンインIMEの方が良い可能性大です。

次のページGoogleピンイン入力法の使い方です。(具体的なピンイン変換の仕方を書いています。)

<PR>もし本格的な中国語IMEをご希望ならば筆者も使っている(但し旧バージョン)高電社のChinese Write10を推薦します。このソフトには中国語電子辞書である小学館日中・中日辞典第2版や中日大辞典増訂第2版を収録していて、Windows XPはもちろんWindows Vista/7、Windows8/8.1でも使えます。  
 
 
 戻る